(公)静岡県立大
掲載事項(記事)一覧


2004年04月22日

静岡県立大、新薬開発へ研究拠点、創薬探索センター 県や医療機関と連携

日経産業新聞(2004/04/22)

 静岡県立大学(静岡市)は新薬開発の研究拠点「創薬探索センター」を設立、五月上旬から本格稼働する。静岡県の「ファルマバレー構想」の一環で、県や医療機関、製薬会社などと連携する。十年後をメドに静岡県発の新薬を誕生させたい考え。
 創薬探索センターには県が三年間、総額一億七千万円程度の予算を配分するが、新薬を早期開発し自前で研究費を稼げる体制を築く。「県立大学という特性を生かし、民間では研究が難しい分野の新薬開発も進める」(辻邦郎薬学部長)。大学発ベンチャーを設立し、製薬会社などからの出資や技術支援などを仰ぎながら、新薬の自社販売につなげる構想もある。
 教授と助教授、講師、助手の四人体制で、今年度から大学院修士課程の募集を始める。学生を含め二十人程度の研究体制となる。教授と助教授は正規職員で、講師と助手には最長十年、再任なしの任期制を導入する。
 まず大学教授や病院関係者などで組織したアドバイザリーボードを開き、センターの研究方針を確定する。第一回会合は五月上旬に開く予定。
 その後、製薬会社など外部の専門家を加えた「目利き委員会」から研究方法の具体的な助言を受けながら、創薬研究を進める。創薬探索センターでは五年程度をかけ、新薬候補を臨床試験前の段階まで進める計画だ。
 臨床試験は大学単独では難しいため、製薬会社と共同研究を進める見通し。県内十六医療機関、九千床の治験ネットワークなどを活用し、五年程度で新薬候補を試験し、新薬発売につなげる。


Posted by 管理者 : 掲載日時 2004年04月22日 11:38 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2004/04/post_31.html