« 2007年12月 | メイン | 2008年05月 »

2008年03月
掲載事項(記事)一覧


2008年03月31日

ノースアジア大、初年が1年任期の全教員任期制 大量14人が退職へ

http://www.sakigake.jp/p/akita/national.jsp?kc=20080329c

 ノースアジア大(小泉健学長)で、大量14人の教員が今月末に退職することが28日、分かった。大学側は「制度にのっとっており、手続きに問題はない」としているが、退職する複数の教員は、現体制への不満を抱えての退職としている。

 同大によると退職理由の内訳は、任期が更新されなかったケースが8人、定年が1人、早期退職優遇制度利用が2人、他大学への移籍が3人。

 同大は2007年度から任期制を採用しており、全教員の最初の任期は1年。再任用されれば、教授が3年、准教授、講師、助教は各2年になる。任期を更新するかどうかの判断は、教育活動、研究活動、学校法人の運営管理、社会への貢献などの面から総合的に考慮。8人については評価が低かったため、更新しないことを伝えた。

 小泉学長は「教育の質を向上させるための措置。退職者の合意も得ている。任期制導入1年目で全教員が更新期だったため、退職者数が多かった」と話している。

ノースアジア大学に関する過去の記事。
「労組結成後の降格・減給は不当」、ノースアジア大学組合副委員長が仮処分申請
秋田経法大の全教員任期制導入 初年度の任期は一年 七日以内に契約書の提出
ノースアジア大、1年契約の任期制導入の背景

Posted by 管理者 : 掲載日時 2008年03月31日 22:12 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2008/03/post_243.html

2008年03月21日

首都大学東京労働組合、任期評価等の骨格の確定にあたって

首都大学東京労働組合
 ∟●手から手へ第2483号

任期評価等の骨格の確定にあたって

2008.3.18  公立大学法人首都大学東京労働組合中央執行委員会

************************************************************

 人事制度等検討委員会は3月14日の第12回委員会において、任期評価についての骨格を決定しました。これに先立ち組合は、法人に対し、これまでに組合との間で協議を積み重ねてきた諸問題についてあらためて確認を求める質問を行っていました。「大学教員として誰から見てもふさわしくないもの以外は再任される」(2007年12月18日付法人事務局回答)などの内容が、今回確定される任期評価・再任判定基準の骨格及び部局ごとの具体化において、十分踏まえられていることを確認するためのものです。
  これに対して、委員会終了後、法人事務局から「教員評価制度の概要について(平成19年度版)」の内容が示され、その中に以下の項目があることが説明されました。・・・・


Posted by 管理者 : 掲載日時 2008年03月21日 23:09 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2008/03/post_242.html