« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月
掲載事項(記事)一覧


2007年05月17日

国際教養大の雇用打ち切り 外国人教員、賠償提訴へ

■東京読売新聞(2007/05/16)

 秋田市雄和椿川の国際教養大(中嶋嶺雄学長)の外国人教員が、雇用契約を更新しないとする大学側の決定を不服として、大学側を相手取り、損害賠償を求める訴訟を起こすことが分かった。
 教員が加盟する「秋田コミュニティ・ユニオン」によると、教員10人は一律500万円の損害賠償を求めていたが、大学側は拒否。教員側の相談を受けた県労働委員会は、大学側が一律100万円と再就職が決まっていない5人の雇用保険(3か月分)の計約1336万円を支払うとする仲介案を双方に示したが、「違法はない」(同大)などとして、不調に終わっている。

Posted by 管理者 : 掲載日時 2007年05月17日 22:37 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2007/05/post_229.html

2007年05月16日

国際教養大、教員慰謝料請求 あっせん不調に終わる

http://www.sakigake.jp/p/akita/national.jsp?kc=20070515e

 国際教養大(中嶋嶺雄学長、秋田市雄和椿川)の外国人教員10人が、4月以降の雇用契約の更新を拒否した大学側の決定を不服とし、連合秋田の「秋田コミュニティ・ユニオン」を通じ、中嶋学長に1人一律500万円の慰謝料の支払いなどを求めていた問題で、県労働委員会(阿部譲二会長)によるあっせんが14日までに不調に終わった。

 同ユニオンによると、県労働委はさる12日、大学側に対し、教員に総額1336万円の「解決金」を支払うようあっせん。1人当たりの支払額を100万円としたほか、現在求職中の5人に対しては、3カ月間分の雇用補償として61?70万円を上乗せした。

 これに対し、同ユニオンは「複数の教員が大学幹部から契約更新に期待を抱かせるような話をされていたとの当方の主張が認められたことは、十分評価できる」として、県労働委の案を受け入れる姿勢を示したが、大学側が不服としたという。


Posted by 管理者 : 掲載日時 2007年05月16日 09:06 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2007/05/post_228.html