« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月
掲載事項(記事)一覧


2005年11月19日

京都大学任期制再任拒否事件控訴審、大阪高裁(速報)第9民事部結審 判決は来年1月26日

桃福
 ∟●最新情報

11月16日(水)午前10時30分から 第9民事部(別館7階72号室) 結審です
(速報)井上教授側から 尾藤弁護士 湯川弁護士 新井弁護士が 順番に 主張をわかりやすく 説明しました
再生研側は 沈黙し 一切発言は ありませんでした
法廷には 患者 支援者の方々がつめかけ ほぼ満席となりました
判決は 来年1月26日午後1時15分より 行われます

なお 井上教授の記者会見は 12月28日以前に 予定されています
記者会見の日程が 決まりましたら 正式に発表致します 

12月28日(水)午前10時30分から 第11民事部(別館7階74号室)判決です(処分性を争う訴訟)
1月26日(木)午後1時15分から 第9民事部(別館7階72号室)判決です(地位確認訴訟)


Posted by 管理者 : 掲載日時 2005年11月19日 00:32 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2005/11/126.html

理系白書、任期制問題

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/rikei/news/20051109ddm016070061000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/rikei/news/20051116ddm016070018000c.html

理系白書’05:第3部 流動化の時代/2 教授も「必死」の任期制

 オホーツク海からの寒風が、広大なタマネギ畑を駆け抜ける。北海道北見市にある北見工業大も04年春、法人化と同時に新規採用教員を任期制とした。それまで終身雇用制だった現職教員にも希望者が増え、現在は約150人の6割が任期制を選ぶ。……

理系白書’05:第3部 流動化の時代/3 任期後の受け皿、少なく

 理研では、雇用する研究者約3000人の85%が任期付きで働いている。比率では国内でも群を抜く。昨年度は280人が任期を終えて理研を去った。……


Posted by 管理者 : 掲載日時 2005年11月19日 00:31 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2005/11/post_159.html