« 横浜市立大学教員組合、小川学長宛「2月15日当局提示就業規則案及び関連規程類にたいする見解と要求」 | メイン | 横浜市立大、最高経営責任者 松浦敬紀:(1)「任期制運用の基本的な考え方について」 (2)同「任期の定めのある雇用契約への同意について」(同日付) »

2005年03月17日

横浜市立大教員組合、任期制についての委任状を組合に!  任期制に同意する必要はありません

横浜市立大教員組合
 ∟●任期制についての委任状を組合に!
 ∟●委任状提出方法のご案内(PDF版)
 ∟●「委任状」(PDF版)

横浜市大教員のみなさんへ 任期制についての委任状を組合に!
任期制に同意する必要はありません。

 任期制は、期間満了をもって雇用が終わってしまうという、きわめて危険性の高い制度です。
 現在、当局が提示している任期制の制度内容は、導入の理由の合理性、制度内容の合理性、法的根拠が明らかではなく、かつ教員の労働条件を不利益に変更するものであり、認めることはできません。また、さまざまな大小の問題点や不明な点があり、制度の説明自体、いまだ十分ではなく、組合としても要求のなかで質問しているところです。
 このような状況にあっては、当局が求めても任期制への同意に応じる必要はありません。

 しかし、同意を求めるために当局側がさまざまな圧力を個人にかけることが、危惧されます。そのような不当な圧迫を防ぐために、中西執行委員長まで委任状を提出しましょう。委任状を提出しておけば、同意を求められても、「組合執行委員長に委任してあるので回答できない」として回答を留保することができます。

 ぜひ、ご検討のうえ、委任状を組合に提出してください。
 非組合員の教員のかたについても、委任状を受け付けます。

 この委任状は回答を留保することが目的ですので、委任状をもって組合が任期制に同意してしまうことはありません。本人が同意を決定した場合は、手続きを取っていただいたうえで、委任状を返却します。
 なお、任期制に同意しない場合には、「期間の定めのない雇用」が続くことになり、この点は現在と変わりありません。
 また、任期制に同意しないことをもって、労働条件を不利益に変更することは法律上許されません。当局は、同意した教員と同意しない教員の処遇等に格差を設けるとしていますが、これも許されることではありません。組合を中心とする教員の運動によって撤回させましょう。


投稿者 jinkenyogo : 2005年03月17日 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://labor.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/148

コメント

コメントしてください

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。