« 2003年12月 | メイン | 2004年03月 »

2004年02月
掲載事項(記事)一覧


2004年02月21日

東大病院が改革案、教授以外も診療科長に、法人化、見直し促す

日本経済新聞(2004/02/21)

 大学病院の中でも保守的で、患者より研究に軸足を置いているともいわれてきた東京大学医学部付属病院(東京・文京、永井良三院長)が、変化の兆しを見せている。これまで各科のトップである診療科長は東大医学部の教授が独占してきたが、今後は教授の肩書を持たない医師でも患者を診る能力が優れていれば診療科長になれることなどを盛り込んだ病院改革案を、このほどまとめた。
 四月に迫った国立大学の法人化を前に、旧弊を断ち、病院の競争力を高めるのが狙い。
 東大病院には循環器内科や呼吸器外科など三十以上の科があるが、各科の診療科長は一部例外を除き、すべて医学部の教授が務めている。
 ただ、医学部の教授がほぼ自動的に診療科長を兼務する従来の体制では、人事権や診療方針を含め教授に権限が集中する傾向があり、「個々の診療科の力が強くなりすぎて、医療安全や経営面などで病院としての方針を徹底させるのが難しい」(永井院長)という弊害も指摘されてきた。
 このため東大病院では四月から、教授という肩書にとらわれず、講師や助手でも診療科長に抜擢(ばってき)できるよう人事規則を変更。さらに診療科長ポストに、原則一年の任期制の導入を決めた。再任は可能だが、「医療事故を繰り返したり、科の運営が病院の方針と大きく異なる場合は、交代してもらうことができる」(永井院長)。
 東大病院が改革を急ぐのは、これまでどんぶり勘定で国費による補てんを受けていた国立大学が法人化されれば、病院のコスト削減や増収など、いや応なく効率的な経営を迫られるため。
 改革の成果はすぐには見えにくそうだが、研究のみを重視して教授になった医師でも当然のように診療科長になる慣行が見直されるだけでも、患者への恩恵は小さくないといえそうだ。


Posted by 管理者 : 掲載日時 2004年02月21日 11:32 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2004/02/post_29.html

2004年02月17日

改革の道のり 岐阜薬科大 永井博弌学長 全教官に任期制導入

中日新聞(2004/02/17)

 「ヒトの健康を研究する」を目的に、活発で質の高い研究活動を続ける岐阜薬科大。70年に及ぶ歴史があり、医療の世界や化学工業界などに多くの人材を輩出してきた。公立、単科、薬学というキーワードを生かして、これから何を守り、どう変わっていくのか。同大の永井博弌学長に、目指す大学像について聞いた。(岐阜支社報道部・伊藤章子)
 -法人化や少子化の影響で大学間競争が激しくなる。目指す大学像は。
 学長 これからの大学にとって、教育・研究と同時に地域貢献も重要。地元に根ざし、国際競争力を持った研究に裏付けされた教育をして、薬剤師という医療専門職業人を育てる。これが本学の目指す大学像だ。
 -地域に対してどんな貢献ができるか。
 学長 知的な貢献。薬を作るのは、日本全体、あるいは社会への貢献といえる。地元に対しては、教育や市民の健康のための研究の拠点としての役割を担う。産業面では、機能性食品など、食品関係の分野での貢献もできる。また、地元の医療に携わる薬剤師の再教育も重要な役割の一つ。岐阜県内では唯一の薬学部なので、薬学でのイニシアチブを本学が執って頑張っていきたい。
 -公立、単科、薬学という特徴がそろった大学だが、戦略は。
 学長 その三つは本学のキーワード。うまく活用すれば、大きな強みになる。国立大が統合・再編されて大型化していく中で、単科大がどれだけ戦っていけるか、不安もある。単科大ゆえの“間口”の狭さを補うためには、岐阜大はもちろん、いろいろな教育・研究機関と連携を強めて、研究教育の幅を広げていきたい。
 -薬学教育の六年制への移行も課題では。
 学長 六年制への対応は急務。学生数も一・五倍、教官も増やさなければならず、ハード、ソフト、いろんな面で拡張が必要だ。設置者の岐阜市の理解を得ながら進めていきたい。薬学教育は、医療人としての薬剤師教育などに重点が置かれるようになってきた。ものから人へ、対象が移りつつある。
 -教官の任期制を導入しているが。
 学長 すべての教官が五年の任期制で、任期中の教育、業績などを外部の有識者に評価してもらっている。昨年度末に一回目の評価を実施した。「厳しすぎる」といった声もあるが、他大学からも高い評価をもらっている。いつもそれでいいのか考え、悪いところがあれば反省して前に進んでいこうということだ。
 -不況の影響か、手に職がつけられるとして薬学部の人気は高い。
 学長 薬学部は新設ラッシュ。分かっているだけでも二十もの薬学部ができる。国家試験のための予備校化に走る大学が出てくる可能性もあり、薬剤師の過剰生産、資質の低下を危惧(ぐ)する声は非常に強い。そのような大学との差別化を図り、競争していくためにも、地域に根ざしながら世界に通用する高度な研究をして、学生を育てていきたい。高度な教育に基づく専門職業人の養成も、われわれの大きな使命の一つだと思う。
    ◇
 ながい・ひろいち 名古屋市出身。岐阜薬科大製造薬学科卒。同大助手、助教授を経て、1993年から同大教授に。カナダのマントバ大医学部免疫学教室にも留学。2003年4月から、岐阜薬科大学長。昨年、第53代日本アレルギー学会会長も務めた。専門は免疫薬理学。座右の銘は「一期一会」。60歳。
 岐阜薬科大 1932年4月、全国初の市立の岐阜薬学専門学校として創立。49年3月、学制改革で岐阜薬科大として新たに発足。厚生薬学科、製造薬学科、大学院薬学研究科がある。付属研究所、付属薬局なども持つ。学生数は大学院生を合わせて約640人。キャンパスは、岐阜市北部の同市三田洞東。


Posted by 管理者 : 掲載日時 2004年02月17日 10:21 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2004/02/post_79.html

2004年02月16日

『改革』に揺れる横浜市立大 学部統合 全教員の任期制 研究費ゼロ

学問の自由と大学の自治の危機問題
 ∟●学問の自由と大学の自治の危機問題 2002年~2005年3月

『東京新聞』特報
『改革』に揺れる横浜市立大 学部統合 全教員の任期制 研究費ゼロ(2004.2.16)

Posted by 管理者 : 掲載日時 2004年02月16日 11:18 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2004/02/post_176.html