« 2003年04月 | メイン | 2003年06月 »

2003年05月
掲載事項(記事)一覧


2003年05月15日

九大教職員組合、「工学研究院における任期制同意書不提出者に対する差別を撤回させました」

(出所)九大教職員組合ニュース(2003年5月15日)

九大教職員組合ニュース(2003年5月15日)

「工学研究院における任期制同意書不提出者に対する差別を撤回させました」

 すでに、お伝えしたとおり(「工学研究院における任期制同意書不提出者に対する差別待遇問題」(2003年5月6日))、本年4月1日、新たに任期制を導入した工学研究院では、導入に際して任期制ポストへの配置換えに対する「同意書」を提出しなかった教員に対して、不当な圧力がかけられていました。
 工学研究院長は、さる4月9日の同研究院部門長会議において「特別昇給の対象者を任期制に同意した者に限る」ことについて提案し、各部門での検討を指示しました。

 教職員組合では、4月23日、九州大学学長に「工学研究院における任期制同意書不提出者を特別昇給対象から排除するための検討についての申し入れ」を行いました。

 このことについての回答が5月15日、本部人事課よりありました。その模様を、組合側の速記録にもとづいてご報告します。

(人事課長)組合からの申し入れの趣旨は、わたしも全くそう思う。総長も同じ考えである。それで、総長の考えを工学研究院長にも工学部事務を通じて伝えた。特別昇給は勤務成績が優秀な者につけることになっており、同意書の提出、不提出で判断するものではない。5月14日に行われた部門長会議でも反対意見が多かった。研究院長も特別昇給の趣旨も理解し、今後この問題が提案されることはない。
(組合)この問題は、研究院長も特別昇給の趣旨を理解し、反対も多かったので、白紙に戻ったと考えていいか。
(人事課長)そうだ。

 工学研究院長の理不尽な提案を撤回させたことは、あらためて組合の存在意義を示しました。工学系支部、中央執行委員会がこの問題について機敏に対応したことが、この成果につながったと思います。

 今後も組合の活動にご注目ください。


Posted by 管理者 : 掲載日時 2003年05月15日 15:04 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2003/05/post_112.html

2003年05月06日

九大教職員組合、「工学研究院における任期制同意書不提出者に対する差別待遇問題」

(出所)九大教職員組合ニュース(2003年5月6日)

九大教職員組合ニュース(2003年5月6日)

「工学研究院における任期制同意書不提出者に対する差別待遇問題」

 本年4月1日、新たに任期制を導入した工学研究院では、導入に際して任期制ポストへの配置換えに対する「同意書」を提出しなかった教員に対する不当な圧力がかけられています。
 工学研究院長は、さる4月9日の同研究院部門長会議において「特別昇給の対象者を任期制に同意した者に限る」ことについて提案し、各部門での検討を指示しました。
 しかしこのような提案は以下の理由からまったく不当なものです。

1。特別昇給は、任期の有無とは無関係であり、それにもとづく差別はできません。
2。本年2月28日の教職員組合との学長交渉における確認事項、すなわち、同意書を提出するように強制しないこと、出さなかった人が不利益にならないことに、明白に違反します。

 教職員組合は、これまで学長交渉における確認事項は、基本的には誠意をもって守られてきたと認識しています。しかし今回のような事態は前代未聞のことであり、教職員組合との関係、労使間の信頼関係を著しく損なうものです。

 教職員組合では、以上の趣旨にのっとり、4月23日、九州大学学長に「工学研究院における任期制同意書不提出者を特別昇給対象から排除するための検討についての申し入れ」を行いました。

 今回の事態は、以下のことを示しています。

1。任期制が導入された部局では今後も、「同意書」を提出しない教員に対して、手段
を問わず不当な圧力が行われかねないこと。
2。任期制が導入されていない部局でも今後、任期制導入と「同意書」提出への圧力が強化されかねないこと。

 任期制問題は終わっていません。監視と警戒を強め、連帯しましょう。

九大における任期制問題については、こちらをご覧ください。

Posted by 管理者 : 掲載日時 2003年05月06日 15:02 | コメント (0) | トラックバック (0)
URL : http://labor.main.jp/blog/archives/2003/05/post_111.html